− Profile 【Tenor】 鈴木 准 (すずき じゅん) −
北星学園大学文学部卒。東京藝術大学声楽科卒業ののち、同大学大学院にて博士号取得。
『コジ・ファン・トゥッテ』フェランドで二期会デビュー。『魔笛』タミーノは新国立劇場、日生劇場、兵庫県立芸術文化センター、あいちトリエンナーレ、神奈川県民ホール、東京二期会等多くのプロダクションに出演。ロンドンとオーフォードの教会で演じたブリテン『カーリュー・リヴァー』狂女で国際的評価を得た。オペラでは他に『愛の白夜』ヨーニス、『沈黙』モキチ、『鹿鳴館』久雄、『夕鶴』与ひょう、『フィデリオ』ジャキーノ、『セビリャの理髪師』伯爵、『後宮からの逃走』ベルモンテ、『死の都』パウル、『金閣寺』柏木、『タンホイザー』ヴァルターなど。宗教曲、オラトリオでは、バッハ・コレギウム・ジャパンの国内外の公演・録音に参加したほか、J.S.バッハ『マタイ受難曲』『ヨハネ受難曲』福音史家、ヘンデル『メサイア』、モーツァルト『レクイエム』、ハイドン『天地創造』『四季』、ベートーヴェン『第九』、ロッシーニ『スターバト・マーテル』、オルフ『カルミナ・ブラーナ』、ブリテン『セレナード』等に出演。ブリテン歌曲をライフワークとしており、東京・春・音楽祭『ベンジャミン・ブリテンの世界T、U』に出演。松本隆訳詞『白鳥の歌』(日本コロムビア)『冬の旅』(小学館)発売中。
東京藝術大学非常勤講師。二期会会員。