メールマガジン

本文表示 No.77

時間 : Mon 30-Oct-2017
タイトル : 東京バロック・スコラーズ メールマガジン 2017/10/30
メッセージ :

■ 東京バロック・スコラーズ 〜21世紀のバッハ〜 ■
メールマガジン 
★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
このメールは東京バロック・スコラーズ(TBS)のメールマガジンに
ご登録いただいている皆様にお送りしております。
★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
☆CONTENTS☆
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
【1】「バッハとルター」演奏会、ご来場御礼
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
【2】音楽監督:三澤洋史 新刊書が出ました!
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
【3】第15回演奏会
  「バッハまでの道のりとバッハから(仮題)」のご案内
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「バッハとルター」演奏会、ご来場御礼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第14回演奏会「バッハとルター」、無事終演いたしました。
台風が接近する荒天の中、多くのお客様に会場まで足を運んでいただき、
団員一同 心より御礼申し上げます。

今回、ルターの宗教改革やバッハの宗教性について、講演会などを通じ多くのことを
学ばせていただきました。そしてその信仰を、「音楽」を通して感じる機会を得ました。
バッハに近づくほどにその深い世界に驚くばかりですが、また一歩、近づくことが
できたように感じています。バッハへのアプローチは長い道のりですが、
これからも真摯に学び続けていきたいと思います。

プログラムとともに配布させていただいたアンケートには、お褒めの言葉を多数
いただきました。わたしたち団員にとって、これほど励みになることはありません。
一方で、貴重なアドバイスも頂戴いたしました。団員の一人一人が心に刻み、
今後の活動のために、活かして参りたいと存じます。

ご来場、ありがとうございました。
どうぞ、これからの東京バロック・スコラーズにご期待ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】音楽監督:三澤洋史 新刊書が出ました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三澤洋史の新しい本が出版されました。
「語られている内容は深遠であるにもかかわらず、実に平易な表現で読み易く書かれて
いる。(本文より)」という、三澤洋史を知っていただくには、格好の書籍です。
Kindle版のみですが、ぜひご一読下さい。

「21世紀のリベラルアーツを求めて(対談)
 変わった道を歩みたいあなたに:音楽、文学、そして絵画」Kindle版
 三澤洋史、角皆優人、山下康一著
 Kindle価格 1,200円


▼三澤洋史の新刊(Kindle版)の詳細はこちら▼



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】第15回演奏会
  「バッハまでの道のりとバッハから(仮題)」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回演奏会では、バッハへのより深い理解のために、バッハ以前の音楽から
バッハが何を受け継いで、何を統合し、後世に伝えていったのかを探ります。
パレストリーナからプーランクまで、バッハに繋がる名曲の数々をお楽しみください!


■日時  2018年11月4日(日)午後

■会場  サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

■曲目 J.P.パレストリーナ Missa Brevis ミサ・プレヴィス
H.シュッツ Meine Seele erhebt den Herren SWV494
      「ドイツ・マニフィカト」
J.A.ブルックナー  モテット Os Justi、Locus iste、Libera me
F.プーランク  悔悟節のための4つのモテット FP97
J.S.バッハ  Jesu meine Freude BWV227 「イエスよ わが喜び」

■指揮 三澤洋史

詳細が決まり次第、ホームページおよびメールマガジンでお知らせいたします。



----------------------------------------------------------------
Facebook https://www.facebook.com/TokyoBaroqueScholars
アカウントをお持ちの方、「いいね!」をお待ちしています。
Twitterもよろしく! https://twitter.com/misawa_tbs
----------------------------------------------------------------
★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
編集後記♪ 

夕暮が早くなってまいりました。木枯らし1号も吹き、秋の深まりを感じます。
その後にやってくるのは、いよいよクリスマスシーズンです!
TBSでは、12月に恒例の教会で行うクリスマス・オラトリオの演奏会が予定されており、
さっそく練習を開始いたしました。
クリスマスの華やかな音楽に気持ちも高まり、今年もこの曲を歌える幸せを感じます。
残念ながら、この演奏会は会場の都合により皆様にご案内することができませんが、
応援をしていただけますと幸いです。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

東京バロック・スコラーズ
広報担当




★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
東京バロック・スコラーズ 〜21世紀のバッハ〜 メールマガジン

♪東京バロック・スコラーズ 公式サイトはこちら▼

※メールマガジンのバックナンバーはこちら▼

※配信停止ご希望の方はこちら▼


Menu
カレンダー
前月2017年 11月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<今日>
Login
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search
個人情報の取扱について  当サイトのご利用にあたって     Copyright © 2005- Tokyo Baroque Scholars. All rights reserved.