東京バロック・スコラーズProfile
 東京バロック・スコラーズ(Tokyo Baroque Scholars、略称TBS)は、J. S. バッハを心の核とする指揮者三澤洋史が自身のバッハにかける思いを実現し、バッハを愛好する個人や団体とのネットワークを目指して2006年1月に立ち上げた団体です。
2006年11月の立ち上げ公演、『21世紀のバッハ ロ短調ミサ曲』を皮切りに、講演会や公開レッスン等の活動を通じ、バッハを中心としたバロック期の諸作品や関連する他芸術への理解を深めるとともに、21世紀の「今」を生きる我々にとってのバッハを追求していきたいと考え、演奏会開催だけに留まらない活動を拡げています。
 当団の活動については、随時本サイトにてご連絡いたします。 どうぞ今後の発展にご期待ください。
音楽監督・指揮者 (GMD)
三澤洋史 「ご挨拶」
三澤洋史
(みさわ ひろふみ)
三澤洋史


演奏会・講演会予定
His English profile is here!
※演奏会予定と講演会予定は、
 Cafe MDRの当該ページへリ
 ンクさせていただいています。
群馬県出身。国立音楽大学声楽科卒業後、指揮に転向。
1984年ベルリン芸術大学指揮科を首席で卒業。東京藝術大学、愛知県立芸術大学、京都教育大学非常勤講師や、名古屋芸術大学客員教授及び滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール専任指揮者などを経て、現在洗足学園音楽大学客員教授。
2001年9月からは新国立劇場合唱団指揮者として新国立劇場の全公演に関わっている。2003年9月からの一年間は新国立劇場音楽ヘッド・コーチも兼任した。
1999年より2003年まではバイロイト音楽祭にて祝祭合唱団の指導スタッフの一員としても従事し、その経験からワーグナーのスペシャリストとして講演や放送の分野でも活躍。新国立劇場2005年度シーズン開幕、ワーグナー作曲 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」では、その合唱音楽作りが高い評価を受け、ドイツ・バイエルン州メルクール紙批評に「これと同じレベルは、ただバイロイト祝祭劇場でしか求められない。」と書かれたほか、ドイツの音楽雑誌Opernwelt(オペラの世界)でも好評を得た。
合唱指揮のみならず、2002年1月にはフンパーディング作曲「ヘンゼルとグレーテル」新国立劇場本公演を指揮。2004年と2005年に"新国立劇場 子供のためのオペラ劇場 ジークフリートの冒険"の編曲/指揮。2005年7月"新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室 蝶々夫人"6回公演(2007年再演予定)の指揮など活躍。2006年夏に編曲/指揮した新作「スペース・トゥーランドット」は雑誌、テレビでも大きく取り上げられ絶賛を博した。
また、2005年5月1日のサントリーホールにおける東京交響楽団特別演奏会「三澤洋史のドイツ・レクィエム」は「本作品演奏史上、後世に残る名演」と評され、ライブ録音がコロンビアからCD化、発売されている。
声楽を伴うあらゆる様式の音楽に精通。言葉と音楽、ドラマと音楽の接点を追求している。自作にミュージカル「おにころ」「愛はてしなく」「ナディーヌ」などの作品がある。
バッハには特に深く傾倒しており、マタイ、ヨハネ両受難曲、ロ短調ミサ曲など全て暗譜でレパートリーに有する。2000年暮れから2001年初めにかけての浜松バッハ研究会ドイツ演奏旅行では、エアフルト、ハレでのロ短調ミサ曲成功に加え、ライプチヒ聖トマス教会の新年音楽礼拝を聖トマス教会聖歌隊に代わり務めた。
日本顕彰会より社会貢献者賞受賞、上毛新聞社より上毛音楽賞を受賞。


指導・ボイストレーナー
奥村 泰憲
(おくむら やすのり)



広島少年合唱隊出身。エリザベト音楽大学宗教音楽科卒業、同大学院修了。小学校教員を経て2005年よりウィーン国立音楽大学声楽科、プライナー音楽院指揮科、オペラ科で研鑽を積む。2006年ウィーンでシュッツ「マタイ受難曲」イエス役でソリストデビュー、またウィーンシュタット劇場でグルック「トーリードのイフェジェニー」トアス王を歌いオペラデビュー。アーノルトシェーンベルク合唱団に満点合格、バス、コントラアルト、ソリストとして多くの演奏会、音楽祭に出演。フランス、デンマーク、マケドニア、オーストリア、ドイツで独唱会。2009年シュッツ「十字架上の七つの言葉」、バッハ「ルターミサ」を指揮し指揮者デビュー。その後宗教曲を中心にオペラ、室内楽を指揮する。2012年に帰国。現在バッハコレギウムジャパン所属、ヴォーカルコンソート東京コンサートマスター、古楽集団アフェッティムジカーリ所属、東京バロックスコラーズ、混声合唱団オラショクラブ指導者。


指導・ボイストレーナー
初谷 敬史
(はつがい たかし)


Vox humana
のサイトへ

初谷敬史ブログ「孤独な音楽家の夢想

東京芸術大学声楽科卒業。1人1パート編成による声楽アンサンブル「ヴォクスマーナ」を主宰し、「声」による新しい音楽創造の可能性を探求している。
声楽家として研鑽を積む一方、指揮者・合唱指揮者としても活動している。三枝成彰率いる「六本木男声合唱団倶楽部」で指導者、副指揮者をつとめ、ハバナ「アマデオロルダム」で開催された音楽祭「キューバ・ディスコ」(2005年)、岩城宏之指揮「長崎被爆60年メモリアルチャリティコンサート」(2005年)、ハワイ「ブレイズデル・コンサートホール」にて「ホノルル交響楽団定期公演」(2006年)、愛媛県宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」事故現場を臨むホノルル「カカアコ臨海公園」慰霊碑前にて「えひめ丸追悼式典」(2006年)、トッレ・デル・ラーゴ湖畔「プッチーニ野外大劇場」での「プッチーニ音楽祭」にて三枝成彰のオペラ『Jr.バタフライ』、パリ「アンギャン・レ・バン・アートセンター・コンサート」(2007年)、モナコ公国「モンテカルロ歌劇場サル・ガルニエ」にてアルベール2世公ご臨席の「グレース・ケリー追悼コンサート」(2007年)、ブラジル「サンパウロ州立劇場」にて「ブラジル日本人移民100周年記念演奏会」(2008年)、皇太子殿下ご臨席の「ヘルシー・ソサエティ賞・授賞式」にて御前演奏(2009年)、パリ「マドレーヌ寺院コンサート」(2009年)、「ボルドー大歌劇場コンサート」(2009年)、メキシコ大使公邸「メキシコ独立運動開始200周年・メキシコ革命100周年式典」(2010年)、ミラノ「ドゥオーモ」主催の「チャリティ・コンサート」(2010年)、バチカン市国「サン・ピエトロ大聖堂」にてミサ聖歌隊(2010年)、ジュネーヴ「ヴィクトリアホール」で開かれた「国際赤十字・赤新月国際会議公式コンサート」(2011年)、三枝成彰の新作オペラ『KAMIKAZE―神風―』初演(2013年)等、数々の公演を成功へ導いている。
「東京マラソン・開会式」にて毎年『君が代』を指揮。2011年には、江戸川乱歩の小説『陰獣』にもとづく新作室内オペラ『RAMPO 2011』(台本:原口啓太、作曲:土屋雄、鈴木純明、由雄正恒、小櫻秀樹)の初演を指揮・演出する。2012年、合唱団「サウンド・ブリッジ」を率い、「ナポリ・ソレント公演」を成功させる。
また、フィリピン「レイテ島(カンギポット峰遥拝所)」、「ルソン島(マバラカット西飛行場跡)」(2011年)、ソロモン諸島「ガダルカナル島(ソロモン平和慰霊公苑・エスペランス岬)」(2012年)などにて戦没者慰霊「献歌」を行っている。


指導・ボイストレーナー
植木 紀夫
(うえき のりお)


カントールハウス

東京藝術大学声楽科卒業。1993年渡独し、ヴュルテンベルク州教会立教会音楽大学及び大学院にて7年間教会音楽を学び、国教会カントールとしての研鑽・訓練を積む。在独中はエスリンゲン市ツォルベルク国教会のカントールを務め、国教会合唱長兼オルガニストとして活動。またエヴァンゲリストを歌うテノールとして南ドイツ各地のカンタータ・オラトリオ演奏会に多数出演した。
2000年、同大学院を合唱指揮法首席にて修了し、教会音楽家A級ドイツ国家資格(カントール)を取得し帰国。賛美歌研究、合唱指揮者としての活動を軸に教会音楽の立体像に取り組んでいる。
現在、桜美林大学芸術文化学群教授、立教大学文学部キリスト教学科兼任講師、東洋英和女学院大学人間科学部非常勤講師。活水学院キリスト教音楽研究所客員研究員。キリスト教礼拝音楽学会理事、日本賛美歌学会運営委員、国際賛美歌学会(I.A.H.)、日本オルガニスト協会各会員。福音讃美歌協会讃美歌委員



指導・ボイストレーナー
高橋 ちはる
(たかはし ちはる)

〈撮影 篠原栄治〉

オフィシャルブログ
ちはるのうたごよみ

埼玉県熊谷市出身。東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程及び博士後期課程(独唱専攻)修了。ウィーン国立音楽大学研究科(リート・オラトリオ専攻)修了。
これまでに小川明子、朝倉蒼生、伊原直子、M.クラウスホーファー、C.スペンサーの各氏に師事。
第15回友愛ドイツ歌曲コンクール入選。第79回日本音楽コンクール入選。第10回中田喜直記念歌曲コンクール大賞並びに中田喜直賞(第1位)受賞。
台東区ベートーヴェン「第九」公演にて藝大オケと共演しソリストデビュー後、J.S.バッハ「マタイ受難曲」「クリスマス・オラトリオ」モーツァルト「レクイエム」等ソリストとして多数出演。オペラではJ.シュトラウス鏡ぁ屬海Δ發蝓廖淵ルロフスキー役)等に出演のほか、日本ヘンデル協会主催オペラ「パルテノペ(日本初演)」にロズミーラ役で出演し、バロック・オペラの分野においても好評を博した。
また東京文化会館小ホールにて文化庁助成・日本演奏連盟主催によるリートリサイタルを開催、「音楽の友」「音楽現代」の各誌にて「安定した発声と練られた歌唱」「馥郁とした伸びのある声質」と高い評価を得た後も、ドイツ歌曲を中心としたリサイタルを積極的に開催している。
バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバーとして国内外での演奏・録音に参加している。
東京バロックスコラーズ、志木第九の会、みずほ合唱団指導者。


ピアニスト
土居 瑞穂
(どい みずほ)

札幌大谷短期大学(現、札幌大谷大学)音楽科ピアノ専攻卒業、同大専攻科修了。
東京芸術大学器楽科古楽専攻卒業。同大学院修士課程古楽専攻修了。
学部、大学院でチェンバロ、通奏低音を鈴木雅明氏に師事。
チェンバロ、オルガンの通奏低音奏者として、古楽コンクールや栃木「蔵の街」音楽祭、NHK「FMリサイタル」などに出演。2004年より、山梨都留古楽音楽祭の講師コンサート、レッスンの通奏低音奏者。
バッハ・コレギウム・ジャパンのコンサート、及びJ.S.バッハの「カンタータ第48集」のレコーディング等に参加。
これまで鈴木雅明、G・ボッセ、Dガルフォース、M・レイフィールド、H・ヴィンシャーマン他、国内外の指揮者とチェンバロ及びオルガンでオペラ、宗教曲等で共演。
現在東京芸術大学古楽科助手。日本チェンバロ協会正会員。


ピアニスト
三澤 志保
(みさわ しほ)

ピアノを荒 博子、青柳 晋に師事。
国立音楽大学付属高等学校ピアノ科を中途退学、パリに渡る。
エコール・ノルマル・ピアノ科にてドミニク・ジョフロアに師事。
パリ国立地方音楽院ピアノ科にてオリヴィエ・ギャルドンに師事。
2004年、パリ国立地方音楽院ピアノ科を首席(プリミエ・プリ)で卒業。
その後、同音楽院伴奏科に再入学。アリアンヌ・ジャコブに師事。
平行してベルサイユ国立地方音楽院伴奏科にてルオー・ルシャールに師事。
2005年イル・ド・フランス国際コンクール第一位。パリにて伴奏者として様々なコンサートに出演。
2007年、パリ国立地方音楽院伴奏科を首席で卒業。帰国。
2006年7月より毎夏、新国立劇場の子供のためのオペラ劇場、練習ピアニストとして参加。
2007年11月、新国立劇場「カルメン」公演練習ピアニスト。
二期会にて2008年「ナクソス島のアリアドネ」をはじめ現在に至るまで、練習ピアニストを務める。二期会研修所ピアニスト。


ピアニスト
中澤 薫子
(なかざわ かおるこ)

国立音楽大学ピアノ科卒業。山本奈々子、末永博子、竹下敏子の各氏に師事。
卒業後、日本オラトリオ連盟合唱団ピアニストとして活躍する一方、声楽および器楽のアンサンブルピアニストとして活動の場を広げる。
1993年、2004年、2006年、2011年には『なでしこの会』を開催。
ピアノ演奏に限らずバロック作品の声楽演奏にも造詣が深く、東京バロック・スコラーズには設立時ソプラノとして入団。2009年よりピアニストとして指導陣に加わり、2011年12月開催の「教会で聴くクリスマスオラトリオ」では、荻窪教会付属のオルガンにて全オーケストラパートの演奏を担当。オルガニストとしても実力を認められている。
杉並楽友協会、東京アルカディア合唱団ピアニスト。

Menu
カレンダー
前月2017年 8月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
Login
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search
個人情報の取扱について  当サイトのご利用にあたって     Copyright © 2005- Tokyo Baroque Scholars. All rights reserved.