メールマガジン

本文表示 No.79

時間 : Sat 24-Feb-2018
タイトル : 東京バロック・スコラーズ メールマガジン 2018/2/24
メッセージ :

■ 東京バロック・スコラーズ 〜21世紀のバッハ〜 ■
メールマガジン 
★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
このメールは東京バロック・スコラーズ(TBS)のメールマガジンに
ご登録いただいている皆様にお送りしております。
★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
☆CONTENTS☆
………………………………………………………………………………………………………………………………
【1】特別企画:ワークショップ「三澤洋史とバッハを歌おう」のご案内
   ー4月21日(土)開催分 お申込み受付中ですー
………………………………………………………………………………………………………………………………
【2】TBSで一緒に歌いませんか! ー団員募集のご案内ー
………………………………………………………………………………………………………………………………
【3】さようなら、礒山先生
………………………………………………………………………………………………………………………………



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】特別企画:ワークショップ「三澤洋史とバッハを歌おう」のご案内
   ー4月21日(土)開催分 お申込み受付中ですー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

21世紀のバッハを追求する音楽監督 三澤洋史が、バッハを歌う上で知っておきたい
ポイントや歌唱のコツなどを、実際に皆さまと一緒に演奏をしながらご紹介していきます。

バッハを深く追求したいバッハ愛好家の方
これからバッハを歌ってみたい方
新国立劇場合唱団指揮者 三澤洋史の指導を受けてみたい方
オーディションを受けてみたいけれど踏み出せないという方
どなたでもお気軽にご参加ください。


三澤洋史のバッハへの思いやその演奏美学を、直接感じていただける絶好の機会です。
ぜひ一緒に歌い、三澤バッハを体験してみてください。
ご参加をお待ちしております。


日時:  2018年4月21日(土)   14:00-16:00
*ホームページに掲載中の3月21日(水・祝)のワークショップは、
      おかげさまで定員に達しました。

会場:  スタジオリリカホール
     渋谷区本町2-14-2
     (京王新線初台より徒歩6分)

課題曲: J.S.バッハ
     モテット第3番 BVW227 Jesu, meine Freude 「イエスよ我が喜び」
     G.P.パレストリーナ
     Missa Brevis-Kyrie 「ミサブレヴィス」からキリエ
  
 ・パート練習等はありません。課題曲は事前に準備してご参加ください。
 ・楽譜をお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方には事前にお送りいたします。
 ・定員になり次第、締め切らせていただきます。
  (パートごとに調整させていただきます。) 

 ・【2】でご案内するオーディションの課題曲は、ワークショップの曲目と同じです。
  将来、オーディションの受験を考えてくださっている方も、まずはぜひ
  ワークショップで三澤バッハをお楽しみください。

参加費: 1,000円

お申込み: 以下の項目を明記の上、メールにてお申込みください。
 1. 氏名
 2. パート
 3. 受講希望日(両日でも、1日でも可)
 4. 楽譜の有無(郵送をご希望の場合には、ご住所も合わせてお知らせください)


▼お申込みはこちら▼



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】TBSで一緒に歌いませんか! ー団員募集のご案内ー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TBSでは2018年11月の演奏会に向けて、新しい仲間を募集しています。

新国立劇場合唱団指揮者として同合唱団を世界のトップレベルにまで育てあげた
三澤洋史の下、ぜひ一緒に「21世紀のバッハ」を歌ってみませんか。

3月、4月のオーディション開催日時は下記のとおりです。
(ワークショップと同日です。)
 2018年3月21日(水・祝)13:00-
 2018年4月21日(土) 13:00-

会場は、スタジオリリカ(両日とも。ワークショップと同じ会場です。)
渋谷区本町2-14-2
(京王新線初台より徒歩6分)

<課題曲>
・パレストリーナ 「ミサ・ブレヴィス」より
 冒頭のKyrie 1-20小節(Christeの前まで)
・J.S.バッハ 「モテット第3番 BWV227」ベーレンライター版 210-245小節
 *SopI か II かは任意。

オーディション後は、合否にかかわらず三澤直筆のショートコメントをお送り
いたします。
また、オーディションは何度でもお受けいただけます。

特にバスメンバーを募集しています。
バス応募者の方には、「オーディションの傾向と対策講座」として、当団の
バスメンバーが準備をお手伝いいたします。
ご希望の方は、申し込みメールにその旨も合わせてご記入ください。

是非一度、三澤洋史にご自身のお声を聴かせていただけませんか?
みなさまからのエントリーをお待ちしています!


▼練習見学・入団オーディションの詳細・お申込みはこちら▼



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】さようなら、礒山先生
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガの準備が終わり、明日には発行しようという時(2月22日)になって、
礒山 雅先生が逝去されたという、悲しいお知らせが飛び込んできました。

バッハを愛する人であれば誰もが手にするであろう「魂のエヴァンゲリスト」を始め、
数多くのバッハ研究の本を著され、演奏会の企画などにも意欲的に取り組まれるなど、
日本の、そして世界の音楽界に大きな足跡を残された礒山先生。
TBSには、創立の翌年、第2回演奏会「バッハとパロディ」のカップリング講演会で
講師をお願いして以来、講演会講師、プログラムの曲目解説、歌詞対訳などで、
何度もお世話になり、たくさんのことを教えていただきました。
メルマガ読者の皆様の中にも、先生の講演を聞いたり解説を読んだりされた方が
大勢いらっしゃることと思います。

享年71歳。まだまだご活躍が期待され、これからもますますTBSにお力を貸して
いただきたいと思っていましたのに、かなわぬ願いになってしまいました。
私たちは、礒山先生が示してくださった「バッハへの真摯な姿勢」を忘れずに、
これからも、バッハを大切に歌い続けていかなければと思っています。

礒山先生、有難うございました。どうぞ安らかにお休みください。



----------------------------------------------------------------
Facebook https://www.facebook.com/TokyoBaroqueScholars
アカウントをお持ちの方、「いいね!」をお待ちしています。
Twitterもよろしく! https://twitter.com/misawa_tbs
----------------------------------------------------------------
★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
編集後記♪ 

立春も過ぎ、桜の季節が恋しくなってきました。
TBSでは、次回の演奏会に向けて練習が始まっています。
バッハとともに、パレストリーナ、シュッツ、ブルックナー、プーランク。
TBSとしては初めて取り組むものも多く、毎週苦労の連続です。
それでも、歴史の流れを感じながらの練習は新しく学ぶことも多く、
充実しています。
まだまだ曲の入り口。味わいながら歌うまでの道のりは遠そうですが、
演奏会までに、どれだけのことを感じ理解していかれるのか楽しみです。
秋の演奏会を、どうぞお楽しみに。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

東京バロック・スコラーズ
広報担当




★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・☆★
東京バロック・スコラーズ 〜21世紀のバッハ〜 メールマガジン

♪東京バロック・スコラーズ 公式サイトはこちら▼

※メルマガのバックナンバーはこちら▼

※配信停止ご希望の方はこちら▼


Menu
カレンダー
前月2018年 9月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
Login
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search
個人情報の取扱について  当サイトのご利用にあたって     Copyright © 2005- Tokyo Baroque Scholars. All rights reserved.