| RSS |
  

投稿者: tbs_admin 投稿日時: 2010-11-14 23:15:52 (1783 ヒット)

教会で聞く クリスマス・オラトリオ」と「第7回演奏会 バッハとコラール」が「日独交流150周年記念事業」に認可されました。日独交流150周年記念事業

【日独交流150周年2010/2011について】
1861年(万延元年)1月24日に日本とプロイセン(当時)の間で修好通商条約が締結されてから、2011年で150年目を迎えます。
この記念すべき年を「日独交流150周年」として、これまで幅広い分野で協力・交流が進められてきた両国関係を更に発展させていくことを目的に、日本とドイツで様々な記念イベントが行われます。
日独関係の重要性及び日独交流150周年の意義にもかんがみ、日本側の名誉総裁に皇太子殿下、ドイツ側の名誉総裁にクリスティアン・ヴルフ・ドイツ連邦共和国大統領がそれぞれ御就任になりました。
日独交流150周年の全体の運営は,両国の外務省が行なっており、ドイツ国内で実施される行事についてはドイツにある日本の在外公館(大使館・総領事館)、日本国内で実施される行事については、日本にあるドイツの在外公館(大使館・総領事館)が調整しています。(外務省 日独交流150周年より抜粋)


投稿者: tbs_admin 投稿日時: 2009-03-06 22:41:45 (2383 ヒット)

Libraryページに、三澤洋史先生によるヨハネ受難曲講座を掲載しました。


投稿者: tbs_admin 投稿日時: 2008-05-21 22:29:30 (2106 ヒット)

演奏会案内の新聞記事

以下の新聞に第3回演奏会の案内が載りました。
お手元にある方は今一度ご覧下さい。

・5月1日(木) 広報すぎなみ 情報ぽけっと欄
・5月9日(金) 日本経済新聞(夕刊) 夕&Eye欄
・5月13日(火) 読売新聞(夕刊) シティライフ欄
・5月15日(木) 毎日新聞 Stage聴く欄


投稿者: tbs_admin 投稿日時: 2008-04-03 23:10:44 (1921 ヒット)

三澤氏のレクチャーを交えながら行われる大変興味深い演奏会である(講評より)

 アマチュアの芸術活動に援助の手をさしのべている三菱UFJ信託地域文化財団から、当団の第3回演奏会に対して助成金を頂きました。4月2日の練習時に財団から浜本氏がいらっしゃって目録が贈呈されました。
 実績の少ない当団が選ばれたことは光栄なことで、演奏会当日は期待を裏切らないように良い演奏をしたいと思います。


« 1 (2) 3 »
Menu
カレンダー
前月2017年 12月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<今日>
Login
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Search
個人情報の取扱について  当サイトのご利用にあたって     Copyright © 2005- Tokyo Baroque Scholars. All rights reserved.